2018.07.12

社会人の勉強術

時間を有効活用

LINEで送る
Pocket

スキマ時間を見つける

社会人として働きながら資格取得を目指すために、社会人の勉強術を押さえておきましょう。まず、何かと忙しい中で勉強するためにはスキマ時間の利用が重要になります。社会人になるとまとまった時間を取ることが難しくなるため、日々の生活の中で発生するスキマ時間で、勉強したい内容をまとめたノートを読み返したり、問題集を読んだりするという習慣を身につけましょう。例えば通勤電車や、帰ってからお風呂が沸くまでの時間など、意外と日常の中にはスキマ時間が存在します。
まとまった時間ではないため集中できないと心配する人もいるかもしれませんが、意外と短い時間のほうが「○○分しかない」という意識が働いて集中しやすいものです。短い時間をコツコツ積み上げて勉強していくことが社会人には必要です。

朝の時間を利用

社会人は毎日仕事で忙しく、プライベートの予定も突発的に埋まってしまう可能性が高いです。そのため、帰宅してから勉強をするというのが難しいときも多くあります。残業や飲み会のお誘いというのは予期できません。残業や飲み会が終わってから勉強ができるかというと、さすがに厳しいでしょう。
そこでおすすめしたいのは、朝に勉強するという方法です。朝なら邪魔が入ることもありませんし、寝起きのスッキリした頭で勉強に取り組むことができます。いつもより1時間早く起きて勉強時間を確保してみましょう。頭が疲れていない状態なので集中力も高まり内容が頭に入りやすいというメリットもあります。これを毎日の習慣にすれば、1週間で7時間の勉強時間を確保できることになります。最初のうちは面倒に感じるかもしれませんが、慣れれば効率的に勉強することが可能ですので、ぜひ挑戦してみてください。

休日はまとめて勉強

休日はひたすら勉強時間にあてるのも社会人が勉強するうえで重要なポイントです。仕事の疲れを取るためにずっと寝ていたいという気持ちをこらえて、勉強に集中するようにしましょう。上述のスキマ時間や朝の時間を利用した勉強は長時間の勉強ではないので、短い時間ではできないテスト問題などを休日に取り組むようにしましょう。短い時間だと取り組むことができない問題に挑戦できる絶好の機会ですので、ダラダラしてしまわないように注意してください。

目標を忘れずに

目標がなく勉強をしても長続きしません。そのため、目標とする資格にしっかり基準を定め、的確な対策をとりながら勉強を進めていく必要があります。モチベーションを保ちながら効果的な勉強ができるよう、合格を目指す資格の存在やその内容を忘れないようにしましょう。

資格取得を目指すあなたへおすすめ記事!

特集トピックス 入門資格「初任者研修」 入門資格「初任者研修」